地味タルがゆく!

もうFF11の話題が少なすぎるのは知らん振り
   
  << September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>  
 
<< 帰省2 | main |


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - |
痛いこと

 今日は二種類の痛いことについて


物理的に今痛みがあるのです。
まず足首が痛い。
起き抜けが一番つらいのですが、足首が固まっていて
いざ足を踏み出すとびりーっと痛みが走るのです。
10分くらいで徐々にひいていくのですが、なんといっても始めの一歩が強烈。
だけど、この際痛いのはがまんできるとして問題なのは固まっている感覚。
授乳中の身としては、夜半も頻繁に起きるわけで、もちろん赤ちゃんを抱いて
動くことも多いわけです。
そうなると何が怖いって、抱っこしたまま転んでしまうこと。
自分ひとりで転ぶなら、自分ひとりで痛がっていればいいんだけど
赤ちゃんはそうもいきません。
深夜、授乳しながらうとうとして、はっと目が覚めてベビーベッドへ運ぶ時が一番こわいかな。
寝起き以外でもしばらく座っていたりすると同じ感覚になるので、日々気をつけています。
とはいえ、赤ちゃんを抱いて転んでからでは遅いので病院へ行く予定ですよー。


産後だというのもあって、かかりつけの産婦人科が相談室を設けているので電話してみたら
あっさりと『それでしたら整形外科か、接骨院のほうが良いでしょう』とのこと。
そりゃそうですよねー、産婦人科で足首痛いんですっていっても先生困るでしょう。
『来ていただいても湿布を貼るくらいしか・・・』うんうん、ですよねー。
と言うわけで、近々整形にでも行ってみようと思います。
産後にはよくある症状らしいので、ホルモンバランスの乱れとかなんでしょうねー。


さてもうひとつ。
これもありがちなんでしょうけど、出産してから悲惨な状況を直視出来なくなった。
つまり心を痛めるという類のものです。
事実としてニュースなんかで伝達される分にはわりと平気なのですが
特別番組や、ニュースサイトなんかで事細かに情報を流しているものがほんとにだめになった。
ちょっと前に、海外で熊に食べられてしまった人の話なんて
夫から軽く聞いただけなのに吐き気がして、つらくて一日中しんどかったりとか。
たぶん、すべての事象に親と言う目線と立場で考えてしまうからなんでしょうけどねー。


元々気も小さいし、なんでも真に受けてしまうわたしですが
そこに拍車がかかっているようですよ。


ほんとに、この世の中には考えられないような出来事が
あちこちに転がっているんだけど、どうか少しでも悲しいことが減りますように。
みんなが笑顔でいられますように、と願うのです。
もちろんきれいごとだってことも、自分がその立場でないから言えるもかもしれませんが
それでもなんでも、そう願ってしまうのです。

| - | 15:35 | comments(0) |
スポンサーサイト


| - | 15:35 | - |










 profile
 entries
 archives
 links
 others